避妊薬は、毎日同じ時間に飲むことで、高い避妊効果が得られる薬です。低用量ピルや緊急避妊薬などがありますが、違いは何でしょうか?ここでは、避妊薬の種類について紹介します。

避妊薬を軽蔑する時代は終わった!頭痛の副作用は?

以前、避妊薬を服用しているのは、風俗など性的な仕事をしている女性が大半でした。
ですので、男性だけでなく同性の女性でも、避妊薬の服用に抵抗を感じたり軽蔑するケースがありました。
ですが、時代は変化し避妊のイメージも随分変わり、今では軽蔑する女性はほとんどいないでしょう。

ただ、軽蔑はしなくても飲む事に、まだ抵抗を感じる女性は少なくありません。
抵抗を感じる理由の1つとして、副作用が挙げられます。
避妊薬を飲む事で、吐き気や頭痛といった副作用が起こりやすいと聞いたという方も、多いのではないでしょうか。

避妊薬には卵胞ホルモンと、黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンと同じ作用をする、ホルモン剤が含まれています。
女性は卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が変化する事で、排卵したり生理となるのです。

卵胞ホルモンの分泌量がピークに達すると、排卵を起こし、その後に黄体ホルモンの分泌が増加します。
黄体ホルモンは子宮内膜を厚くするなど、妊娠しやすい体作りをするホルモンです。
ここで妊娠しなければ月経は始まり、子宮内膜は剥がれ落ちます。

避妊薬を服用する事によって、常に卵胞ホルモンと黄体ホルモンが体の中にある状態となるので、排卵を起こしません。
排卵しなければ妊娠する事が出来ないので、避妊薬は避妊の効果があるのです。

ただ、服用すると一時的にホルモンバランスが変わってしまう為、頭痛を感じるケースもあります。
以前の避妊薬はホルモン剤が高濃度で含まれていた為、大幅にホルモンバランスが変化し、強い副作用を起こしていました。
ですが、現在では最小限のホルモン剤しか含まない、低用量の避妊薬が主流です。
ですので、飲み続ける事によって徐々に頭痛などの副作用は、軽減されると言われています。