避妊薬は、毎日同じ時間に飲むことで、高い避妊効果が得られる薬です。低用量ピルや緊急避妊薬などがありますが、違いは何でしょうか?ここでは、避妊薬の種類について紹介します。

アンドロゲン作用の低い経口避妊薬ならマーベロン21

経口避妊薬マーベロン21は、アンドロゲン作用の低い第三世代ピルです。日本で普及している第二世代ピルは、アンドロゲン作用のある黄体ホルモン剤を使用しており、これに対応するために、含有ホルモン量を段階的に変えています。2相性ピル、3相性ピルと呼ばれるのがこのタイプですが、人によっては、それでもにきびや肥満、多毛症などの副作用が現れることがあります。マーベロン21なら、アンドロゲン作用が低いタイプなので、経口避妊薬を服用してにきびなどに悩んでいるなら、こちらに変更してみてはいかがでしょうか。また、大人にきびの治療に低用量ピルが使われることがありますが、マーベロン21ならすぐに効果が見られます。
経口避妊薬マーベロン21は、1シートに全て同じ成分の錠剤が21錠入っていますので、飲み間違う心配もなく、初心者にも安心です。毎日同じ時間に1錠ずつ飲み、1シート飲み終えたら7日間休みます。通常は、この期間に減退出血と呼ばれる生理のような出血があります。出血がまだ続いていても、8日目からは次のシートを飲み始めます。
マーベロンには、1シート28錠タイプのマーベロン28があります。こちらの場合、最後の7錠がプラセボ錠で成分が入っていません。続けて飲むことで、7日間休薬していることになり、休薬明けを間違わないというメリットがあります。実薬についてはマーベロン21と同じものなので、アンドロゲン作用は低いタイプです。
飲み忘れると避妊効果がなくなりますので、アラームをセットするなど、ライフスタイルに合わせて工夫するとよいでしょう。ただしプラセボ錠の飲み忘れは問題ありませんので、飲んだものとして廃棄してください。