避妊薬は、毎日同じ時間に飲むことで、高い避妊効果が得られる薬です。低用量ピルや緊急避妊薬などがありますが、違いは何でしょうか?ここでは、避妊薬の種類について紹介します。

一般的に避妊薬とローヤルゼリーを併用するといい

避妊薬は一般的にローヤルゼリーと併用すると、ホルモンバランスの安定につながります。避妊薬は望まない妊娠を避けるために服用しますが、更年期障害や生理周期の乱れに対して使う方法もあります。イライラや不安感、体の火照りなどは生理前の女性や40代を過ぎた更年期の女性に多く見られ、ホルモンバランスの乱れが原因とされます。特に更年期になると卵巣の機能が低下して、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が少なくなり、不快な症状が出ます。避妊薬には卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれているので、体に起こる様々な症状を軽減できます。ローヤルゼリーには自律神経を整えるアセチルコリンが含まれているので、より体調を改善できます。ローヤルゼリーは医薬品ではなく、健康食品なので医薬品との併用は禁止されていません。一般的に避妊薬には吐き気やめまいなどの副作用がありますが、これらの症状が出た人でもローヤルゼリーを利用すれば症状改善が期待できます。避妊薬は医師がその人に合った種類を提案しますが、健康食品は自分で選ぶ必要があります。ローヤルゼリーを選ぶ時のポイントは、デセン酸の含有量です。これは自然界ではローヤルゼリーにしか含まれていない成分で、多く含まれるほど美容や健康に高い効果があります。デセン酸は価格に影響しないので、含有量が多くてもリーズナブルな商品がたくさんあります。さらにその効果の高さから医薬品として販売されたものがあります。それが「ハイゼリー顆粒SP」で、乱れた自律神経を整えてエネルギーの活性化を図ります。一般のドラッグストアや通販だけでなく、医師の処方で入手することもあり、効能が高いので避妊薬と併用する時は薬剤師や医師に確認するようにします。