避妊薬は、毎日同じ時間に飲むことで、高い避妊効果が得られる薬です。低用量ピルや緊急避妊薬などがありますが、違いは何でしょうか?ここでは、避妊薬の種類について紹介します。

サンデースタートの経口避妊薬の使用方法とは

経口避妊薬は、通常、生理開始日から飲み始め、21日間続けて飲んだ後、7日間薬を休んで、次のシートに移ります。28錠タイプなら、最後の7錠がプラセボ錠で薬の成分が入っていないため、プラセボ錠服用中は薬を休んでいることになります。1シート飲み終えたら、すぐに次のシートを服用開始します。生理開始日から飲み始めた場合、服用初日から避妊効果はあります。生理開始日は、24時間単位で考えます。日付をまたいでも、24時間以内ならその日を生理開始日とします。始まりがよくわからない場合には、はっきりと出血が見られた日から服用を開始し、最初の2週間は他の避妊方法と併用します。
経口避妊薬は、サンデースタートという使用方法もあります。これは、生理が週末と重なるのを防ぐ使用方法で、旅行やデートなどの予定がある週末に生理が来ないようにできます。サンデースタートでは、生理開始後の最初の日曜日から経口避妊薬の使用を開始します。飲み方は通常と同じように、21日間飲んで7日間休みます。サンデースタートの場合、服用を始めて1週間は他の避妊方法と併用するようにします。ただし、生理開始日が日曜日だった場合には、最初から避妊効果があります。サンデースタートは、シートの始まりが日曜日なので、21錠タイプの低用量ピルを使用する場合も、次のシートを再開するタイミングを間違わないというメリットもあります。
どちらの飲み方も、飲み忘れをしないことが原則になります。アラームをセットしたり、カレンダーに記入するなど工夫して、生活の一部に組み込むようにしましょう。1日分の飲み忘れは、気づいたその時点ですぐに服用し、その日の分も通常通り服用します。2日以上続けて飲み忘れたら、そのシートの服用はストップして、次の生理が始まってから新しいシートを飲み始めます。