避妊薬の種類

避妊薬は、毎日同じ時間に飲むことで、高い避妊効果が得られる薬です。低用量ピルや緊急避妊薬などがありますが、違いは何でしょうか?ここでは、避妊薬の種類について紹介します。

避妊薬の種類~低用量ピルと中用量ピル~

避妊薬はそこに含まれるホルモンの量によって低用量ピルや中用量ピルといったように区分されます。
現在主流となっているのは低用量ピルの方ですが、中用量ピルも無くなったわけではありません。
ではそれぞれはどのように違うのかというと、まず低用量ピルについてはそこに含まれる卵胞ホルモンの量が30~40マイクログラムの間に収まってます。
卵胞ホルモンの量は中用量ピルよりも少ないのですがこの量でも避妊薬としての効果は問題なく発揮されていますから心配ありません。
むしろ卵胞ホルモンは避妊に関係しているとはいえ過量摂取してしまうと吐き気などの副作用が強く出てくる事になってしまいますから、通常の避妊薬としてはこちらの低用量ピルが主流となっています。
対して中用量ピルはどうかというと、こちらは卵胞ホルモンの量が50マイクログラム前後になっています。
低用量ピルが出てくるまでの間避妊薬として使用されていたのがこちらの中用量ピルなのですが、先ほど述べたように卵胞ホルモンが多く含まれているということはそれだけ副作用も強いということになります。
低用量ピルでも問題なく避妊薬としての効果が認められている以上、単純な避妊薬としての目的だけで中用量ピルを服用するケースはほとんど無くなったと言って良いでしょう。
ですが中用量ピルでしか果たせない役割も存在しており、その最たるものがホルモン異常の治療においてピルが使用されるケースです。
女性ホルモンの分泌に何らかの異常が発生しているためにホルモンを経口摂取しなくてはならないということであれば中用量ピルのようにある程度多めのホルモンが含まれていた方が治療に役立ちますので、ホルモン異常が認められる場合には低用量ピルよりも優先的にこちらが選ばれる可能性があるわけです。
薬はいずれも使い分けが重要ですから、避妊薬に関してもそれぞれの特徴をしっかり押さえて賢く選ぶようにしましょう。

緊急避妊薬とは?

緊急避妊薬はモーニングアフターピルとも呼ばれ、避妊に失敗または性犯罪による被害を受けた場合に、文字通り避妊を緊急回避するために用いられるものです。
女性の3人に1人しか知らないと言われており、通常の経口避妊薬とは使用目的も、服用の仕方も異なります。基本的に中用量ピルを使用し、作用としては女性ホルモンを強制的に増加させ、子宮内膜への着床防止、排卵遅延を起こして受精しづらい状態にさせることで避妊を回避します。
性交後の72時間以内に服用することで効果は発揮され、さらに早ければ早いほど成功率も格段に上昇します。通常なら72時間以内で80%以上とされますが、24時間以内であれば90%以上の成功率を誇ると言われています。
ただし、100%ではないので、経口避妊薬による避妊よりも成功率は落ちることから、通常は使用されることはありません。ヤッペ法とノルレボ錠の2種類のタイプが存在し、ヤッペ法では性交後72時間以内に2錠服用し、その後12時間後に2錠服用する方法です。
ノルレボ錠は1回に2錠の服用で終了し、ヤッペ法よりも副作用が少なく避妊率も高いとされています。ただし、女性ホルモンを急激に増加させる方法なので、体への負担が大きく、副作用も出やすいのが緊急避妊薬の特徴です。
頭痛やめまい、吐き気といったものはもちろんのこと、むくみや出血量の増減、下腹部の痛みなどが出ます。医師の処方でしか購入できないので、性行為が失敗して慌てて薬局に行っても購入することはできません。
早く服用すればそれだけ避妊率も上がるので、性行為後に探すよりは、予め産婦人科が何処にあるのか調べておくといいでしょう。あくまでも緊急避妊に用いる薬なので、女性の体への負担も考えて、日常的に使用することのないよう計画的な避妊が推奨されています。

避妊薬の正しい服用方法

現在、日本で一般的になっている避妊薬というのは、低用量ピルとよばれる、錠剤中に含まれる卵胞ホルモンの分量を可能なかぎり少なくしたもので、口から直接飲むようなタイプということになります。
このような避妊薬には、女性の生理の周期にあわせて、1シートに28錠が梱包されているものと、そこから1週間分だけ除いた21錠入りのものとに大別され、それぞれ服用方法が異なっています。
まず、28錠入りの梱包の避妊薬ですが、これは生理の周期のはじめから、1日あたり1錠ずつを、できるだけきまった時間に飲むだけでよいということになります。毎日1錠飲んで28日で1シートが終わりますので、その後は新たなシートで飲み続ければよいのです。
ただし、1シートの最後のほうの錠剤は、実はプラセボ錠といって、有効成分がまったく含まれていない錠剤になっています。これは、要するに毎日1錠を習慣化して、飲み忘れをなくすためのものといえます。
このプラセボ錠の期間については、通常は生理のような出血が起こります。
また、21錠入りの避妊薬についてですが、こちらも毎日1錠ずつ飲んで、21錠を終わったあとで、7日間ほど錠剤をまったく飲まない期間を設けます。この期間については、やはり生理同様の出血が起き、その後この期間を経過すれば、また新しいシートに戻って服用を開始するというのが、正しい方法ということになります。そのため、シートの切り替えの時期には、服用をし忘れてしまうことのないように注意しなければなりません。
いずれにしても、避妊薬の正しい服用方法に努めていれば、避妊薬の効果というのは9割を超えるほどとなり、他の避妊の手段よりも圧倒的に失敗する確率は低くなっています。
■まとめ買いがお得です!
避妊薬で不安のない性生活を